葉酸を多く含む食べ物

葉酸を多く含む食べ物は

葉酸とは、豆類やレバー、葉野菜に多く含まれており、水溶性のビタミンB群の一つです。

 

細胞の再生や生産に深くかかわりのある葉酸は、妊娠中の母親にとっても重要なものです。

 

葉酸を含む食べ物には、野菜では、ブロッコリーやホウレン草、枝豆や春菊などに多く含まれています。

 

お肉や海草類などにも含まれているので、レバーやのり、大豆などにも葉酸は含まれています。

 

その他の食べ物では、フルーツのマンゴーやイチゴ、オレンジやバナナなどにも、葉酸を摂取するには適しています。

 

葉酸は、熱に弱い性質があり、水にも溶けるため、調理する場合には注意が必要です。

 

葉酸の不足による欠乏症などが起きる可能性もあるため、定期的な摂取が望ましいでしょう。

 

アルコールを大量に摂取する方も、欠乏になりがちなので注意してください。

 

 

ですが、何事にも過剰摂取にならないようにしましょう。

 

必要以上に摂取しても、過剰な分に関しては尿で排出はされますが、極端な摂取は控えてください。

 

妊娠計画中の女性では、1日の摂取推奨量400μgといわれています。

 

妊娠中の女性では、440μgが推奨量です。

 

ホウレン草で摂取する場合には、400μg分摂取するのに1把分ほど必要になります。

 

いくつかの食材をうまく工夫して、調理してください。

 

重要な栄養素だけにこだわらず、バランスのよい食事をすることが大切です。

 

偏りのある食事では、体調を崩す原因にもなりかねません。

 

適量でバランスのよい食事、健康的な生活を送るのが一番重要です。

 

妊娠中には、運動不足にもなりがちですが激しい運動などはしてはいけませんが、散歩や軽い運動をするのも健康を維持するには重要なポイントです。