妊活 葉酸サプリ

妊活に欠かせない夫婦で飲むべき葉酸サプリ

妊活中の夫婦

 

医師から妊活中や妊娠初期に摂取が重要といわれている栄養でも、1日に必要量を満たしていない人はたくさんいます。

 

意識して取り入れるように心がけていても、食事からでは中々摂取が難しい栄養素があることを知らない人も多いためです。

 

葉酸も多くの種類の野菜などに含まれていて、食べただけで十分に得られると考えがちですが、上手く吸収できるのはごくわずかのため、サプリメントに頼るのが確実です。

 

 

葉酸が不足してしまうと、妊娠するときに大切な子宮内膜に影響が出て着床率が下がってしまいますし、無事に妊娠できたとしても胎児の神経管閉鎖障害になる確率が高まることが分かっています。

 

胎盤の形成にも使われる成分で妊娠時には約2倍もの葉酸が消費されていきます。

 

このためきちんと吸収される葉酸の量が1日400μgないと、胎児の形成に影響が出てきてしまいます。

 

 

妊活中に葉酸のサプリを取るべきなのは女性ばかりではなく男性も必要であり、夫婦で飲むようにすることが求められます。

 

女性は着床率を上げたり受精卵の保護のために必要な成分ですが、男性の精子にも必要な栄養だということが分かっていて、精子の分裂や染色体異常を下げる役割があります。

 

妊活中は夫婦どちらかだけが頑張っても上手くいくものではありませんから、お互いの体のことを学んで知識を共有することが大事です。

 

大変な思いを共有できるようになり、サポートしあうことで元気な子供を授かる可能性が高まります。

 

葉酸のサプリは1日に飲むべき粒数が多かったりサイズが大きいと飲みにくいですし、400μgを満たせないものを買ってしまうと意味がなくなってしまうので、慎重に選ぶべきです。

 

また、葉酸以外にも含まれている成分に着目し、日ごろ不足しがちな成分を補えるものにすると良いです。

 

 

葉酸は妊娠初期には積極的に

葉酸サプリを飲む女性

 

妊娠を希望している人にとってや、特に妊娠初期が元気な赤ちゃんを望むときに大切な時期となります。

 

その妊娠初期に必要とされているのに葉酸があります。

 

赤ちゃんの器官形成にもっとも大事な時期に是非摂取をすることと国からも推奨されています。

 

2002年から母子手帳にも葉酸に関する記述がされています。

 

赤ちゃんの先天異常で脳や脊椎の癒合不全になる神経管閉鎖障害が起きるリスクはビタミンBの1種である葉酸の摂取により減らすことができることが欧米を中心とした国で発表されたのです。

 

しかし日本では赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害の発症が少ないことから、そのことに対するリスクに対応はされてきませんでした。

 

その病気の発症が少ないと言われていた地域においても、葉酸の摂取によりリスクが低減されるとの調査結果が出たのです。

 

 

そこで、日本でも食生活も変化してきていることなどから葉酸の不足が考えられることもあり、積極的にサプリメントで摂取を求めるようになってきたのです。

 

葉酸は熱に弱い性質を持ち、また調理の時に水に溶けることもあり、食材からの摂取は本来あるものの50%程度になってしまいます。

 

不足することで赤ちゃんが先天異常で生まれた時に腰に腫瘤があったり、脳に腫瘤や脳の発育ができない無能症のリスクが多くなる可能性があります。

 

せっかくの赤ちゃんに少しのリスクもなくしたいものです。

 

そのようにならないためには出来れば妊娠する前1ヶ月くらいから妊娠3ヶ月までの間の妊娠初期に葉酸の摂取が望まれています。

 

何時、妊娠するか分からないことが多いので妊娠の可能性がある女性や妊娠を望む人は食事なども、そのビタミンが多く含まれている食材を使った料理などがおすすめになります。

 

 

葉酸が多い食品について

葉酸の多い食品を食べる女性

 

葉酸は、赤血球や細胞の新生に欠かすことができない成分です。

 

また、胎児の正常な発育にも不可欠な成分なので、妊娠中や授乳中は特に摂取したほうが良いといわれ、妊婦さんを中心に注目を集めている成分です。

 

毎日の食事の中で葉酸を摂りたいと思っている方は、葉酸が多い食品を選び意識して多く摂るように心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

成分が多い食材をいくつか覚えておくと良いでしょう。

 

 

葉酸を多く含む食品として、まず、レバーがあげられています。

 

鶏、豚、牛どのレバーも成分を豊富に含んでいますが、レバーはビタミンAも多く含んでいるので、食べ過ぎるとビタミンAを過剰に摂取してしまうことになるので注意が必要です。

 

野菜では、モロヘイヤやパセリ、芽キャベツ、ブロッコリー、しゅんぎく、アスパラガスなど、果物では、ライチ、くるみ、いちご、アボガドなどが葉酸を豊富に含んでいます。

 

魚介類では、うなぎやうにに多く含まれているので、これらの食品を意識して多く摂取すると良いでしょう。

 

葉酸を摂るときに注意しなければいけない点は、この成分は、熱に弱く水に溶けやすい性質があるので、食事で摂るときは、なるべく調理工程が少ないものを選んだほうが良いでしょう。

 

長く煮込んだり、焼いてしまうと成分量が減ってしまいます。

 

効果的にこの成分を摂りたいと思っている方は、生で食べることができる野菜や果物で成分を多く摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

 

仕事で外食が多い、一人暮らしなのでいろいろな食材を準備することができない、などで毎日の食生活の中でこのような食材を摂ることが難しいという方は、最近は、この成分が豊富に含まれたサプリメントが多く出ているので、サプリメントを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

また、この成分もも摂り過ぎると体に良くない影響が出ることがあるので、一日に定められている摂取量を超えないように注意をして摂るようにしましょう。

 

葉酸を多く含む食物についてはこちらのホームページで詳しく書かれています。

 

参考:葉酸を多く含む食材と効果的な摂取方法について

 

参考にしてみてください。

 

 

葉酸サプリと栄養機能食品について

妊娠している女性

 

妊婦にとって重要な栄養素と言われているのが、葉酸です。

 

葉酸は、細胞分裂が活発な胎児には、必要不可欠な栄養素です。

 

特に、妊娠初期は、胎児の脊髄や脳などが形成される時期なので、この時期に葉酸を摂取することは胎児の成長に役立つのです。

 

脊髄や脳など、中枢神経系の基礎となる神経管が形成される時期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害が起こる危険があります。

 

国は、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸の摂取をするように妊婦に呼びかけています。

 

 

葉酸は、ビタミンB群の一種であり、生命を支えるために必要な必須ビタミンのひとつです。

 

ビタミンには、水に溶けやすく、必要のない分は尿などで排出される水溶性ビタミンと、脂溶性ビタミンがあります。

 

葉酸は、水溶性ビタミンで、体の中で様々な重要な役割を担っています。

 

人間は、細胞の分裂と増殖を繰り返して成長します。

 

細胞は、DNAを複製して増えますが、DNAを正確に複製するためにはタンパク質が必要となります。

 

タンパク質は、食事で摂取すると、その後、アミノ酸に分解されます。

 

そして、再び、様々な種類のタンパク質に構成されます。

 

葉酸は、たんぱく質を作る時に必要となります。

 

 

また、葉酸は、血液中にある赤血球を作ります。

 

葉酸が不足すれば、赤血球を作ることができず、貧血になるリスクがあります。

 

動悸や、倦怠感の原因にもなります。

 

葉酸は、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれていますが、必要な量を摂取するために、葉酸サプリを利用している人も多いです。

 

葉酸サプリは、非常に人気が高いサプリで、各メーカーから様々な葉酸サプリが販売されています。

 

中には、栄養機能食品もあります。

 

栄養機能食品は、一定の基準をクリアしたものを指します。